バカッター末路がメシウマとの声!くら寿司の損害賠償金額はいくら?

バカッター末路が悲惨すぎるといわれており中にはメシウマという声も!くら寿司事件の損害賠償金額っていくらとられるのか?バカッターがそもそも増えている理由、その末路について書いていきますメシウマは言い過ぎ?くら寿司の損害賠償額は払える金額ではなさそうですよね。

スポンサーリンク

バカッターて何?なぜ増えてきた?

最近話題のネット上での炎上。

その中でも若者が写真や動画で自身のバカな行動を晒し炎上する・・・というパターンが増えています。

これを通称「バカッター」といいます。

先日もくら寿司での調理中に食材をゴミ箱に入れ再び調理し提供するという動画を投稿した若者が解雇され民事裁判刑事裁判にて訴えられてしまいました。

ちなみにこちらの動画はインスタグラムでの投稿なのですが・・・w

そんなバカッターはなぜ増えているのでしょうか?

それは若者の傾向の移り変わりになります。

かつてゆとり教育が始まる前は俗にいうヤンキーといった存在が多くいました。

しかし現在はヤンキーはほぼ存在していません。

でも世の中には非行に走るタイプの人間は存在します。

それがバカッターなのです。

単純に非行への走り方が昔と今で変わってしまった結果が今の若者の動画での事件なのです。

ヤンキーは喧嘩などもしていましたが公的機関や店舗、警察へいたずらをする・・・ということを行っていました。

それは今まで公になることはありませんでしたがネット社会になったことによりそれが世の中に動画として公開されてしまうようになりました。

今の若者たちはネット上で有名になることを一種のステータスとして考えているためそのような馬鹿な動画で有名になろうとし間違えて炎上をしてしまうのです。

まぁネット上で有名になるといってもなりかたによってはマイナスにしかならないのですが・・・w

またもう一つは企業に対する不満の表現方法として利用されている側面です。

最近の大企業は従業員満足度を軽く見ていることがほとんどです。

今まではそれに対して反撃する手段を持っていませんでしたが今はネット社会。

何か問題が起きればすぐにネット上で公開し不満を訴えることができるのです。

炎上のきっかけになってしまった動画はすべて何かの店舗で行われているものです。

単純に有名になりたくて写真や動画を挙げられていることもあります本当に不満があってその悲惨な現状を吐露するためにされていることもあります。

ネット上で過ごす若者もそうですが企業側ももう少し立ち回りを気にしていく必要があるのかもしれませんね。

売り手市場といわれている現代。

企業も雇用の仕方や従業員への対応1つで倒産まで追い込まれてしまう・・・そんな世の中になっていくのでしょうね。

今までのバカッターの事案がやばすぎる!

バカッターというのは今に始まった話ではありません。

Twitterが始まりその名前が広まってからずっと繰り返されているある種の歴史であります。

2015年にはすき家のバイトが

「すき家ってほんまキチガイの集まりやんな

今日最高やわ」

というコメントと共にお客さんに提供するための味噌汁の素材を床にぶちまけている写真を公開されました。

こちらの方はこのツイートの後炎上され身の丈が晒されてしまいました。

単純に馬鹿なことをしたかったという気持ちもあるでしょうが・・・2015年というとすき家の超ブラックな雇用形態が問題視されていたころです。

きっとこのような状況もこのツイートをしてしまうきっかけの1つになったのでは?と思われます。

また2014年には先ほどのくら寿司と同じ寿司のチェーン店であるはま寿司の店員がはさみを天ぷらにしたツイートを営業時間中にされて炎上をされました。

「今日〇〇〇(同級生の名前)と新メニューを作ったぞーwwww」

というコメントを添えられてます。

本名も身バレもして損害賠償も受け…大変な人生だったでしょうね。

しかし業務中にこのような行為ができスマホがいじれてしまうということはそれだけ杜撰な管理を普段からされているという証拠でもあります。

また冗談を言えるようないい関係を上司と築くことができない職場であるという証拠でもあると思います。

会社にとって社員とは財産です。

その財産にこのようなしっぺ返しを食らってしまうということは少なからず経営者側にも問題があると認識されたほうが良いのかもしれませんね。

また炎上されずともバイトのシフトに問題がありシフト表が晒されてしまうということはよくあります。

ブラックな雇用形態は現代ではもう通用しないのかもしれませんね。

これが日本流のストライキのやり方なんでしょうね。

こっちのほうが企業としては痛いかもしれませんが・・・w

バカッターは芸能人や有名人のプライベートも荒らす?

そんなバカッターの餌食になるのは一般人だけではありません。

なんと芸能人の方もバカッターによって被害を受けられたケースが多数存在します。
例えばAKB48の渡辺麻友さん。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000012-wordleaf-ent

渡辺麻友さんが帝国ホテルに泊まられた際にホテル従業員が自分が働いているホテルに渡辺麻友泊まりにきたことをツイッターでつぶやいてしまったそうです。

これによって渡辺麻友さんは居場所を晒されてしまいプライベートを侵されてしまいました。
また元フィギュアスケーターの高橋大輔さんも同様に被害を受けられました。

引用:https://bit.ly/2FdAYIm

高橋大輔さんはとあるホテルに泊まられたそうなのですがその時に別のフィギュアスケーターの方といっしょに同じホテルの部屋に泊まったそうです。

そのようすを見ていたホテルの従業員である女性の方がツイッターで自分のホテルに高橋大輔さんが宿泊したことをツイートしてしまいました

まってうちのホテルにフィギュアスケートの高橋大輔来たんだけど!?しかも男同士でダブルベッドのスイートルームwwほ・・・ほ・・・

とつぶやいております。

これによって高橋大輔さんは自身のプライベートやパーソナルな部分を晒されてしまい大きな被害を受けてしまいました。

スポンサーリンク

バカッター再び?くら寿司での件がニュースにでるぐらいやばい!

またもう過去のことになりつつありますがくら寿司の店員が食材をゴミ箱へ捨てた後再びまな板へ戻しそれをお客さんへ提供する炎上動画が話題になりましたよね

とてもひどい動画です・・・これではくら寿司にいこうとはだれも思わなくなりますね。

これを受けてくら寿司の株価は大暴落しました。

時価総額は瞬時に数十億下がり大打撃を受けました。

この動画はくら寿司の正社員が料理をしている様子を同じ職場のバイトの高校生が撮影しインスタグラムにて投稿したものです。

正社員の方はバイトの方への心をつかみコミュニケーションをとるために行った行為なのかもしれませんが・・・これにより残念ながらバイトとともに解雇をされてしまいました。

こんなことで人生棒に振るなんて本当に馬鹿なことですよね。

バカッターの末路がえぐい!人生は大事に歩もう

ネット上での炎上。

特に企業の絡んだ迷惑行為をされた場合はかなりきつい対処をされることが多いです。

今回のくら寿司の件は会社の解雇をされたとともに民事裁判・刑事裁判での訴えを受けることとなってしまいました。

また本名や学校、住所なども晒されてしまったため向こう1年はまともな生活を送れないでしょうね。

他の企業の人事担当者もたいていはツイートをされた方を把握されているため就職もバイトもできなくなってしまいます。

これは大打撃ですね・・・二度とまともに生きていくことはできません。

どの会社もリスクになってしまう社員は必要ないですからね。

また自分の家族や兄弟までもが特定されてしまいご両親が会社から解雇されたり兄弟が学校でいじめられてしまうケースもかなり多く、家族ともども二度と日の目を歩けなくなってしまいます。

バカッターをさがしている人間も増えてきたのも問題?

なかなかバカッターというのはなくなりません。
インターネットという場ができたから若者の馬鹿な姿がでてしまっていますが昔から馬鹿をする若者は大勢いましたからねw

それは今後も変わらないと思います。
しかし、だからといって何をやってもいいわけではありませんし他人を炎上させるのを楽しんでいる方もいらっしゃいます。

ネット上では少しでも話題になりそうな行動を逐一探して配信者などに伝え炎上を起こしそれを楽しんでいる人種の方もいらっしゃいますので今後もインターネットやSNSと炎上は切っても切れない関係として続いていくと思われます。

投稿者がすぐに過ちに気づいて画像や動画を削除しても

すでにスクショなどが残ってしまった後で取り返しのつかないことになっていたりもするのです。

自分がバカッターに?大炎上とは常にとなり合わせ

そんな状態に自分がならないようにするためにはどのようにすればよいのでしょうか?
簡単なことです。
馬鹿な行動をするなとは言いません。

しかしそのような行動をカメラに収める行為をしなければよい話なのです。
動画や画像として残っているとどうしても数字がほしくなったり有名になりたくなったりと欲が働いてネット上にアップロードしてしまいます。

なので絶対に馬鹿な行動を映像として残さない。
これが大切です。

スポンサーリンク

バカッターが炎上してネット上にプライベートがばらされようが警察は動けない?

そんなTwitterなどでのSNSでの炎上をされたが話された話に

「警察はきちんと対応してくれない」

という話があります。
バカッターをしてしまいネット上で炎上された方はたいてい住所や本名、学校や会社などが特定されてしまいネット上に晒されてしまいます。

それによって街角をあるくだけで
「あ、炎上した奴だwww」

と指をさされるようになるそうです。
そんな常にだれかにネガティブな意味で見られているような状況を耐えられるわけがありません。
炎上を起こしてしまってから引きこもりになってしまうケースも多くあるようです

そんな住所特定に対して警察は動いてくれません。

実際炎上された方も住所が特定されて自宅凸をされてしまい警察を呼びますがその加害者に対して

「今後もうこういうことはやらないように。」

と厳重注意しかしないそうです。
なぜかというと自宅凸に対して適用できる法律は少ないですしわざわざ軽犯罪を1から100まで取り締まっていてはきりがないからです。

また被害者側にも原因がある場合は特に対応は軽いものとなってしまいます。

バカッターのくら寿司事件の損害賠償金額とは?

今回のくら寿司の被害総額は軽く見積もっても数億円ほどになると思われます。

また風評被害や株価の暴落・価値の復帰の難しさを考えると何倍もの被害を受けられたと容易に想像がつきます。

今回の民事裁判においてこの被害額をすべて請求することはできないと思いますが・・・。

しかしバイトに関しては未成年であるためご両親の資産の差し押さえは免れないと思われます。

その場合は当然破産しますので高校に通うことは困難になり進学への道も閉ざされます。
まさに人生ゲームオーバーです。

また一生賠償金の返済をする人生が始まります。

くら寿司の民事裁判が大企業のはじめての訴訟であると思われがちですが・・・。

実は有名になっていないだけでほかにも似たような例は多数存在します。

大抵請求額は数百万円~数千万円の額が請求されておりますので今回も同額の請求がされると思われます。

資産の額までしか請求されない・・・そのように考えられている方も多いと思いますが実際は分割でこれから先払えるであろう額が請求されますのでかなり大きい額が請求されることが多いのが実情です。

バカッターがメシウマの声?ネットの反応がやばい

今回の炎上に対してSNS上では・・・

馬鹿じゃんこれで人生終わったな
なんでこういうやつ減らないのかな?面白いとでも思ってるの?.
住所特定しようずwwww

まどと被害者へのバッシングが続いている状況です。

しかしあまり過激な批判をすると炎上された方からの裁判の対象となってしまいますので気を付けましょう。

バカッター末路がメシウマとの声!くら寿司の損害賠償金額はいくら?まとめ

・SNS上での馬鹿な動画アップロードをバカッターという・・・が最近は他のSNSでの投稿も多い。

・Twitterができてから毎年何度もバカッターは繰り返されてきた。

・多くの金額を企業は請求することができる。

これからもSNSでの身の振り方はきちんと考えたいものですね。

引用:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/12/news074.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る