冨安健洋の高校中退の事実!年棒や移籍金など海外の反応がすごすぎ!

冨安健洋が高校を中退の事実や年棒がやばいこなどが話題ですよね?海外移籍も決まっておりその移籍金の額や海外の反応がとても注目です!冨安健洋の高校中退というのは本当なのか!移籍金の詳細や海外の反応などに年棒についてまとめてみました。テレビでは知れない情報など?

スポンサーリンク

冨安健洋はどこの高校中退しているの?

2018年のロシアワールドカップ後に森保監督を監督に迎えて、素晴らしいスタートを切った新生日本代表。
今までに代表経験のない若い選手を多く起用するなど、変化を見せています。
その中でも冨安健洋は、センターバックとして活躍していますが、
そんな冨安健洋には、高校を中退しているという噂があるようです。
高校中退からJリーガーになるという経歴は
不自然なため、詳しく調べてみました。
すると、高校は卒業しているようです!
九産大九州高校と呼ばれるもので、
サッカーはもちろん、野球など、
数多くのスポーツに力を入れている強豪校です。

しかし、冨安健洋選手に高校中退の噂が立ったのは、
冨安選手は高校二年生の時に、
アビスパ福岡と契約を結んでプロ選手となっており、
そんな契約から冨安健洋は高校中退だ、
などという噂が立ったものだと思われます。

冨安健洋のプレースタイルがイケメン!ポジションはどこ?

森保ジャパンで日本代表デビューを果たし、
注目を集める冨安健洋選手ですが、
日本代表では、主にセンターバックとして活躍しています。
所属クラブ、日本代表共に、
基本的には188センチという高身長を活かして
センターバックを担当しています。
高校時代から、その身長を活かした競り合いの攻防では、
負けたことがないのだとか。
しかし、そんな体を張ったプレースタイルに
限定されるだけではなく、
両足が使えるという器用さも持ち併せていて、
ボランチもこなすことができます。
どうしても身長が高いと競り合いの強さや、
ヘディングに重点が置かれてしまいますよね。
しかし、冨安選手は高身長ながら、
両足が使えて、ボランチもこなせるという
スーパーユーティリティプレーヤーなのです。

センターバックは、長年に渡って、
吉田麻也選手の相棒が定まらない日本代表です。
槙野智章選手、昌司源選手、植田直通選手など、
数多くの選手で、試合によって使い分けているような状態です。
それなので、冨安健洋選手には
吉田麻也選手の相棒として、
日本代表でもレギュラーメンバーとしての活躍が
大いに期待できると思います!

冨安健洋の衝撃の経歴!

ここからは、冨安健洋選手の経歴について
見ていきたいと思います。
日本代表でも、その地味な性格が注目され、
20歳という年齢に似合わない地味な言動が面白いなどと
話題になることが多い冨安選手ですが、
経歴はもの凄いのです。

U-15日本代表として、
ミャンマーに遠征した経験から始まり、
U-16日本代表としては、
AFCU-16選手権に出場しています。
それから、U-17日本代表にも選出され、
第22回バツラフ・イェジェク国際ユーストーナメントに出場。
U-18日本代表としては、
AFCU-19選手権の予選や、
長安フィールドカップなどにも出場。
U-19日本代表としては、
バーレーンU-19カップなどに出場。
U-20日本代表としては、
ドイツ遠征で国際経験を積み、
FIFAU-20ワールドカップにも出場。
U-21日本代表としては、
トゥーロン国際大会に出場。
そして日本代表に選出され、
キリンチャレンジカップへの出場や、
AFCアジアカップ2019への出場などを経験しています。

なんと、U-15日本代表以来は、
各年代の日本代表にも選出され、
AFCアジアカップのユース大会や
FIFAのU-21ワールドカップなど、
国際経験も豊富な選手なのです!

スポンサーリンク

冨安健洋の年俸っていくらなの?

冨安健洋選手のユーティリティプレーヤーぶりや、
華麗なる経歴をご紹介してきました。

ここで、冨安健洋選手の年俸に関しても
調査してみました。

2016年には、J2アビスパ福岡で年俸350万円。
2017年には、J2アビスパ福岡で年俸500万円。
そして、ベルギーに移籍を果たした2018年には、
シント=トロイデンに所属しています。
ベルギーリーグでは、EU外の選手に対し、
最低年俸の取り決めがされており、
7万6800ユーロという金額が設定されています。

これは、日本円に直すと
約1050万円という金額になります。
ということは、冨安健洋選手の年俸は、
2018年以降、最低でも1000万円を超えているということになります。

20歳にしてこの金額…恐るべしです。

冨安健洋の海外移籍の移籍金の額が衝撃!

高校二年生の時には、
J2アビスパ福岡との契約を勝ち取り、
活躍してきた冨安健洋選手。
しかしながら、更なる成長を求めて、
2018年の1月には、ベルギーリーグに所属している
シント=トロイデンに移籍しました。
この時の移籍金が既に億単位のものであり、
アビスパ福岡は億単位の移籍金を手にしたといわれています。

しかし、日本代表にも選出され、
強豪国を相手にセンターバックとして当たり負けしない体の強さを見せたり、
AFCアジアカップ2019では、各国のエースストライカーを完璧に止めたり、
更なる飛躍を見せている冨安選手ですので、
2019年現在、移籍をするということになった場合は、
更に高額な移籍金が設定されるということが考えられます。

金額はその選手の価値を判断する一つの指針ですので、
このような金額が設定されるようになってきているというのは
嬉しいニュースですよね。
今後、更なるビッククラブへのステップアップなども
考えられるのではないでしょうか。

冨安健洋の今後と海外の反応について

J2のアビスパ福岡に所属して、
高校二年生の頃から活躍していた冨安健洋選手ですが、
更なるステップアップや、
海外選手の当たりの強さを体感したいなどの思いから、
2018年の1月には、ベルギーリーグに所属する
シント=トロイデンへの移籍を実現させました。

今の時点では海外からの評価も非常に高く、移籍が決まった
これからの海外の反応が楽しみですね!

しかし、これは冨安選手の将来の目標への
ひとつのステップアップに過ぎないと考えているようです。
というのも、冨安健洋選手は雑誌の取材に対して、
国際舞台では世界には全然通用しないと感じていることや、
将来的には、どんどん力を付けていき、
プレミアリーグで活躍することが目標であることを
明かしています。

日本代表には、既にプレミアリーグで活躍している
吉田麻也選手がいます。
冨安健洋選手も、吉田麻也選手のように
プレミアリーグで活躍することは夢ではありませんよね!
両足を使える器用さがあるのに、188センチという高さがあり、
ボランチもこなせるユーティリティさを兼ね備えた
冨安健洋選手。
ご自身の目標であるプレミアリーグでの活躍を目標に、
更なる活躍を期待しましょう!

冨安健洋のプロフィール

ここからは、冨安健洋選手のプロフィールを
ご紹介していきます。

名前:冨安健洋
生年月日:1998年11月5日
出身:福岡
身長:188cm
体重:78kg
愛称:トミ・タケ等
効き足:右足(効き足は右足だが、左足も右足と同じようなクオリティで使える為、両利き)
ポジション:DF(センターバック)・MF(ボランチ)

冨安健洋の高校中退の事実!まさかの移籍金や海外の反応がすごすぎ!まとめ

新生日本代表以降、若い選手がどんどんと登場し、
今までには代表歴のない選手がどんどん登場してきている
森保一監督率いる森保JAPAN。

そんな中でも、センターバックという守備の大事なポジションを務め、
高身長や、当たりの強さを見せて、活躍している冨安健洋選手。
今回は、そんな冨安健洋選手について、
詳しく書いてきました。

テレビで放映される代表戦では、
所属クラブや年齢などの簡単な情報しか伝えられませんので、
初めて知った情報があったなんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
特に、冨安選手が最近ようやく注目されてきた選手という訳ではなく、
ユースの年代から代表に選ばれ続けてきた選手であることや、
更なるステップアップを狙ってベルギーに移籍したこと。
今後の大きな目標として、
プレミアリーグ移籍をして活躍するというものがあること。
など、冨安健洋選手の詳しい情報を書いてきました。

今後も日本代表や、所属クラブで活躍する
冨安健洋選手を応援していきましょう!

引用:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?256592-256592-fl

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る