秋山翔吾の嫁の鈴木彩香との結婚会見やメジャーでの年俸が安いの声?

秋山翔吾の嫁の鈴木彩香との話題の結婚会見とは言ったい何なのか?メジャーでの年俸が安いとの声がある?今回はそんな話題の秋山翔吾の嫁の鈴木彩香との馴れ初めエピソードや話題の結婚会見での件、メジャーでの年俸や安いという噂や活躍について調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

秋山翔吾選手の嫁の鈴木彩香とは誰?職業は何?

秋山翔吾選手は2013年のオフシーズンの時に、結婚会見さんという方と結婚されています。彩香さんの画像もネットに上がっていますが大変美人な方です。

鈴木彩香さんと言えばラグビー日本代表の美人選手を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、単なる同姓同名であって別人のようです。鈴木彩香さんは地元の短期大学に進学されて、結婚される前までは保育士さんだったという情報が出ています。

秋山翔吾の嫁の鈴木彩香との馴れ初めは遠距離恋愛?

秋山翔吾選手と鈴木彩香さんとの馴れ初めですが、お二人は元々小学生からの幼馴染であったようです。お二人が交際をスタートされたのは高校3年生の時だったそうです。告白をしたのは秋山翔吾選手からで、交際が始まってから約7年間お付き合いされて、結婚に至ったそうです。彩香さんは地元にいたために遠距離恋愛になってしまいました。

そのために電話尾する機会が多くなるのですが、一人暮らしで生活のために節約もしなければならず、秋山選手は彩香さんと同じ機種に変更し、料金プランも併せていたようです。秋山選手は大学で学業と野球に明け暮れる日々でしたから、地元に帰ることができるのは正月くらいしかなかったようで、それ以外はお互いのタイミングで会うか、春と秋の大会で合えるか状態であったようです。そんな状態でも7年間交際を続けられてきたことがすごく素敵ですね。

秋山翔吾選手と嫁の鈴木彩香との子どもへの思いとは?

秋山翔吾選手と鈴木彩香さんとの間にはお二人のお子様がいらっしゃるようです。2014年生まれのお子様と2016年生まれのお子様で、お二人とも男の子とのことです。

秋山選手はご自身のお子様に対して、「子どもには好きなことをやっていてほしい」という思いがあるようで、自分と同じように野球をしてほしいという願望はないようです。それでもお休みの日はお子様と一緒にキャッチボールで遊んだりして、お父さんと一緒に野球がしたいとなっていくのではないでしょうか。

秋山翔吾の嫁の鈴木彩香との話題の結婚会見?結婚式場はどこ

秋山翔吾選手は2013年の大みそかに結婚会見をされています。

その内容は下ネタばかりだったそうでここではご紹介できませんが、その時のチームメイトからかなりの質問攻めをされていたようです。結婚会見と言えばたくさんの記者がいて、会場も設営されているようなイメージをされるかもしれませんが、ライオンズチャンネル2013年の年末特大号で放送されての結婚会見だったそうです。結婚式場は横浜市内のホテルとのことです。

スポンサーリンク

秋山翔吾の学歴や家族とはどういう関係?

秋山選手は横浜創学館高校へ進学すると1年生でレギュラーを獲得されています。高校3年間で甲子園出場はかないませんでしたが、高校のころからストイックな練習をされていたそうです。高校3年生の時にはドラフト指名がなく、秋山選手は八戸大学へ進学されます。

八戸大学でも1年生でレギュラーを獲得し、大学通算で4度のベストナインと3割を超える打率で注目を浴びるようになります。秋山選手の家族との関係ですが、お父様のお話がネット上にも出ていました。お父様はとても厳しく育てられたとのことで、バッティングフォームの指導や小学生のころから中学の陸上部に通わせて、中学生と一緒に練習をして脚力を磨いていたとのことです。しかし、秋山選手が小学6年生の時に病気で他界されたそうです。

秋山翔吾選手の年棒が安いと言われている?その真意について

秋山選手の年棒ですが年ごとの推移を見てみたいと思います。

2011年:1200万円

2012年:1800万円

2013年:3500万円

2014年:6500万円

2015年:6200万円

2016年:1億5000万円

2017年:2億円

2018年2億2000万円

2019年2億3940万円

入団されてから9年で、年棒は約20倍となっています。年棒が安いどころかドンドン上がっていることがこれを見てもお分かりだと思いますが、ネット上では秋山選手の活躍ぶりからすれば年棒が低すぎるのではないかと言われているようです。

2017年に複数年契約を結んだことが影響を及ぼしているようですが、2019年にはキャプテンも務めていたことからも年棒をもっと上げてもいいのではないかと思われても仕方ありませんね。

秋山翔吾選手のプロフィール!性格が悪いと噂されている?

出身:神奈川県横須賀市

生年月日:1988年4月16日

身長:182cm

体重:86kg

投球・打席:右投げ左打ち

プロ入り:2010年ドラフト3位

年棒:$6,000,000(2020年)

秋山翔吾選手は2歳で野球を始められています。1995年の卒園文集には「やきゅうせんしゅになりたいです。いちろうみたいにひっとうちたいです。」と書いていたそうです。小学一年からソフトボールチームの「大津スネークス」に入部し、このころから早く一塁に到達するように右投げ左打ちに変更します。

左打ちのフォームはお父様に指導されたそうです。中学生のころは横浜金沢シニアに所属され、更に陸上部にも所属をして脚力を磨いていました。横浜創学館高校に進学されると、1年からレギュラーになるも3年間甲子園出場は叶わないまま夏を終わらせてしまいました。秋山選手は全国的に無名でありましたが、ドラフト候補として名前が挙がりました。しかし、秋山選手は八戸大学に進学し、硬式野球部に入部しますが、ここでも1年からレギュラーとして活躍し、ある秋連続でベストナインを受賞します。2010年10月28日に行われたドラフト会議で埼玉西武ライオンズから3巡目で指名を受けて入団されます。背番号は55でした。その後は侍ジャパンの日本代表に選出、ゴールデンクラブ賞受賞、NPB新記録となる215安打を達成するなど輝かしい成績を残していき、2020年1月6日にシンシナティ・レッズと3年総額2100万ドルで契約を結び、メジャーリーガーとしての道を歩まれようとしています。

野球に対して大変ストイックで真面目であるために性格が悪いと勘違いされるエピソードがあります。始球式でマウンドに立った女優の木村文乃さんが「芸能人が始球式をやることについてどのように思っていますか」との質問に対して、秋山選手は「キレイな方が始球式をやっていただくことはありがたいことですが、正直普通にやってほしいです」と真剣に訴えていたそうです。そして、「一番バッターで集中をしているときに、始球式をするタレントが首を振ったり、牽制球を入れたりしますが、駆け引きをやっている場合ではないので」と本気のコメントを披露されたとか。さらに話す表情が険しかったことから、共演されていた人から「怖い」という声も上がったそうです。それが秋山選手の性格が悪いというところまで発展したそうですが、野球に対して真面目で真剣勝負の場として捉えている秋山選手にとっては、苛立ちを感じていたものだったのかもしれません。今では真面目過ぎる秋山選手に対して逆に面白いという評判もあるようです。

秋山翔吾の嫁の鈴木彩香との結婚会見やメジャーでの年俸が安いの声?まとめ

今回は秋山翔吾選手について調べていきました。2歳のころから野球一筋に取り組み、亡くなられたお父様との思い出もつまった野球は秋山選手にとってとても大切なものだと感じました。しかし、ストイックで真面目な秋山選手をファンの皆様もよく理解しているので今後も変わらずに秋山選手を応援していくことになると思います。

これからメジャーリーガーとして新天地での苦労もあると思いますが、秋山選手の変わらぬ努力がメジャーリーグでも通用するところをぜひ見せていただきたいですね。今後も秋山選手の動向から目が離せません。

スポンサーリンク

引用:https://banbi-eye.com/archives/6879

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る