泉ピン子の首振りとろれつの異常について!動画での病気の自覚症状?

泉ピン子の首振りとろれつの異常は視聴者によって既に指摘されていた?動画での病気の自覚症状はあったのか?今回は泉ピン子の首振りとろれつの異常は一体何の病気なのかやテレビ番組の動画にて自覚症状があったような場面などについて詳しく調べて書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

泉ピン子の首振りやろれつが異常?以前から視聴者に指摘されていた

ドラマや舞台、バラエティー番組と多岐にわたる活躍を見せる泉ピン子さんですが、もしかすると大きな病気にかかっているのではないかと噂されているそうです。それはテレビ番組を見た視聴者から首が揺れているといったような指摘の声が多く上がっているからだそうです。

また、ネット上ではパーキンソン病や本態性振戦といったキーワードが多く出てきています。特に目立っていたのはドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」に出演をしているときだったそうです。

泉ピン子さんの代表作である「渡る世間は鬼ばかり」に出演されていた時にも同じような意見が寄せられていたこともあるそうです。首振りや顔の小刻みな震え、滑舌の低下が見えてくるとやはり重病説として噂が出回るわけですが、このような症状で挙げられる病気はパーキンソン病や本態性振戦です。

泉ピン子の手や首振りが起こる病気の本態性振戦とパーキンソン病の二つにはどんな違いがある?

まずパーキンソン病は、脳の中の黒質と呼ばれる場所に存在するドパミン神経が脱落してなくなっていく病気のことです。

進行性の病気ですので、いったん発症すると自然によくなったり治ったりすることはないとのことです。次に本態性振戦ですが、本態性は「原因不明」、振戦は「ふるえ」を表す医学用語です。人間誰でも緊張すると体が震えますが、自律神経のうち交感神経の働きが強まるからで、式場などの記帳で指先が小刻みに震えてしまってうまくサインができないことなどは典型例です。スピーチを求められて声が震えることも同じで、生理現象とも言えます。こうした震えは緊張が解かれると普通は収まりますが、60代以降から顕著に増える震えである「本態性振戦」は日常生活で頻繁に襲ってきます。

自宅でお茶を飲もうとしても湯飲みが震えてうまく飲めなったり、料理で包丁を持つと指を切りそうになったりします。また、化粧ではうまく紅を弾くことも難しくなります。震えが主症状となる病気に主に中高年から発症するパーキンソン病がありますが、本態性振戦とパーキンソン病では震えの質が違います。両手を前に差し出して、手のひらを下に向ける実験をしてみた場合、本態性振戦であれば微妙に震え始めます。一方でパーキンソン病であればひざの上に置いた手が指先で何かを丸めるように震えるのが特徴ですが、この実験では不思議なことにピタッと震えが止んでしまうことが多いです。

泉ピン子に首振りやろれつの自覚症状はあったのか?

泉ピン子さんはフジテレビ系の番組である「ホンマでっか?TV」で、緊張による首の揺れを告白していました。番組の中盤で脳科学者である澤口俊之さんが「ちょっと気になるのが、首が動く感じですよね?」と指摘したことに対し、泉ピン子さんは「緊張するとなる」と自覚していることを告白されていました。そして番組の最後に、泉ピン子さんはもう70歳だからいつ引退かなとなっていたそうで、首が揺れるのも気になってもう終わりかなと思っていたとコメントをされていますから、ご自身で自覚されていることは間違いないのではないでしょうか。

泉ピン子のプロフィールについて

本名:武本 小夜
生年月日:1947年9月11日
出身:東京都中央区
身長:154cm

日本音楽高等学校中退後、1966年に牧伸二に師事をして三門マリ子の芸名で歌謡漫談家としてデビューするも、キャバレー回りが続いたそうです。

その後、1975年に日本テレビの「テレビ3面記事ウィークエンダー」の番組リポーターを担当したことを機に泉ピン子と改名されます。この番組で泉ピン子さんは話しぶりの面白さに目を付けられて起用されました。同じ年にTBSの演出家である鴨下信一氏に「美人でもなく、知的でもなく、金もない”3マイナス女優”を探していた」とのことからドラマに誘われ、鴨下氏演出のテレビドラマ「花吹雪はしご一家」に出演されます。こうして泉ピン子さんは女優業に乗り出し、1980年には「手ごろな女」(日本テレビ)でドラマ初主演されます。歌手としても1977年に「哀恋蝶」が10.9マン舞(オリコンチャート最高位37位)のヒットを記録されました。
1983年にNHK連続テレビ小説「おしん」の母親役で女優としての評価を得ます。そして、この作品の脚本を書いた橋田壽賀子さんに高く評価され、これ以降は橋田作品に数多く出演されることになります。1990年に「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)が放送開始され、20年以上にわたって人気ドラマ番組として君臨します。2019年には文化庁長官表彰、旭日小緩章を受章されます。女優業以外にもバラエティ番組でも活躍されています。

スポンサーリンク

泉ピン子には旦那の婚外子がいるのは本当か?

泉ピン子さんは結婚をして30年近くになる旦那さんがいらっしゃいます。旦那さんのお名前は武本憲重さんで、大分県出身で泉ピン子さんより5歳年下とのことです。お仕事はお医者さんとのことで、「武本ホームドクタークリニック」という消化器官系の病院であり、その院長でいらっしゃいます。大変評判の良い病院で有名とのことで、過去にビートたけしさんの番組である「たけしの本当は怖い家庭の医学」に医師としてゲスト出演をされていました。また、泉ピン子さんが主演されたドラマ「女子刑務所東三号棟」で医療監修として登場もされています。泉ピン子さんと武本憲重さんが結婚をされたのは1989年のころですが、

出会いは泉ピン子さんががん検診で入院をしていた時に武本憲重さんが担当医師となっていたそうです。出会った瞬間にこの人と結婚すると思ったようで、出会ってから3か月で結婚をされたそうです。めでたく結婚されたお二人ですが、6年後の1995年に武本憲重さんが看護師と浮気をして婚外子をもうけていたことが発覚しています。当時、この騒動に対して泉ピン子さんは「私に子どもができればよかったのですが…」と涙ながらに会見され、最後には旦那さんを許しますとコメントしています。

泉ピン子出演の「渡る世間は鬼ばかり」のキャストが成長しすぎてやばい!

渡る世間は鬼ばかりに出演されている方の高齢化に対して、泉ピン子さんご自身がこれ以上のシリーズ継続は無理だと言われていたそうです。それでも2019年9月に3時間スペシャルが放映され、30年目を迎えて通算511回になったとのことです。今回の作品のテーマは「世代交代」と「新時代」とのことで、泉ピン子さんが演じる五月が中華料理店「幸楽」の第一線から退いて、スマートフォンによる動画配信に挑戦している姿も描かれています。キャストの成長に伴った対応をとられた作品となっています。

泉ピン子出演の2019年放送の「渡る世間は鬼ばかり」のネットの反応など

30年もの間放映されてきただけあって、ドラマの中身に対してコメントがたくさん書かれています。例えば角野卓造はドコモのCMに出ていたのに五月はソフトバンクかと書かれていたり、橋田壽賀子さんはSNS一切していないって言っていたのに五月のiphoneデビューさせているところを見ると調べたんだろうな、と言ったコメントもありました。渡る世間は鬼ばかりのファンが多いことが分かります。

泉ピン子の首振りとろれつの異常について!動画での病気の自覚症状?まとめ

今回は泉ピン子さんの症状を中心に渡る世間は鬼ばかりのことを調べてみました。30年にわたる長編ドラマを愛するファンがたくさんいて、キャストもそれぞれ成長したりお亡くなりになったりしていく流れに対してドラマがどのように変化していくかを期待と不安の中で見守っている姿があることを知ることができました。橋田壽賀子さんも石井ふく子さんもともに90歳を超える年齢であるにもかかわらず、インタビューに答える姿は視聴者の方にもドラマへの期待を持つことができたのではないでしょうか。泉ピン子さんの症状も気になるところはありますが、今後も元気に活躍する姿を見せていただきたいと思います。

スポンサーリンク

引用:https://geino.press/izumipinko-soukagakkai-yameta/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る