西田敏行の降板理由は何?歩けない体調や恐い性壁の噂などについて!

西田敏行の降板が決まりましたが一体理由は何なのでしょうか?歩けない体調や、恐い性壁があるなどの噂も話題です!今回は西田敏行の降板理由についてや、歩けない体調だと言われる根拠、恐い性壁のエピソードの噂は本当なのかについて詳しく調べて書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

西田敏行が探偵ナイトスクープを降板!その理由とは

30年続く超人気番組の探偵ナイトスクープ。その番組の局長を19年務めた俳優の西田敏行さんが2019年11月22日の放送回をもって卒業されます。10月25日の収録最終日にこれまでの思いを語ってくれました。初代局長の上岡龍太郎さんのバトンを引き継いで2001年1月から2代目局長を務められてきた西田さんは上岡さんの鋭い切り口で突っ込む姿勢とは違った涙もろく、感動を引き込む局長として長年この番組を引っ張ってこられました。

西田さんは元々この番組の大ファンだったそうですが、上岡さんの大人の渇いた笑いを提供していたコンセプトから、西田さんが局長を引き受けてから感動系の依頼内容が増えていったことで、渇いた笑いよりも濡れた完成の方が多くなっていたことを危惧されたことから卒業を考えるようになったとのことです。また、2019年11月で72歳となる西田さんは隔週で新幹線に乗って大阪の往復は肉体的にもしんどくなっていたことも卒業の理由だそうです。

西田敏行の降板理由は歩けない病気?ドラマにて車いすで登場?

降板理由をお話された一方で西田敏行さんは一人では歩けない状態であり、車いすで生活をしているとのうわさも流れています。ネット上でも車いすに乗って移動している画像が出ています。しかしその写真は2016年に放映されたドラマ「ドクターX」に出演されていた時のワンシーンだそうで、歩けない病気であるという情報はガセである可能性が高いです。写真では車椅子に写る激やせでチューブが付いた状態の西田さんとその車椅子を押す女性が目隠しされているので、西田さんが重病のように見えてしまいます。ただ、2001年に頸椎性脊髄症で神経圧迫部位を除去する手術、2003年には心筋梗塞による緊急入院、2016年に腰椎の一部を頸椎に移植する手術と胆のう炎による胆のう摘出手術とこれまでも様々な病気をされています。体力的な理由による卒業であっても致し方がないようにも思えます。

西田敏行の降板に世間の反応は?

初代局長の上岡龍太郎さんからバトンを引き継いだ際には西田敏行さんへの違和感がぬぐえないといった声が多数あった中、19年という長い年月で探偵ナイトスクープの顔ともなったことで残念という声が圧倒的に多かったです。また、後任は誰になるのかという予想まで出てくるようになり、西田さんの存在の大きさが大変大きかったことがうかがえます。

スポンサーリンク

西田敏行の降板後の後任の3代目局長は誰?

西田敏行さんの後任ということで3代目局長はネット上でも予想されることになりました。ネット上での候補として挙がっていたのはお笑い界の大御所から笑福亭鶴瓶さん、上沼恵美子さん、関西の俳優・女優界からは生瀬勝久さん、佐々木蔵之介さん、藤山直美さん、堤真一さん、さらには関西出身ではなく渋い役を演じる渡辺謙さんや阪神ファンで有名な石坂浩二さん、さらには阪神の監督を務めた金本知憲さんなど様々な角度から有名な方々のお名前が挙がっていました。そんな予想が繰り広げられる中、3代目局長として指名されたのはダウンタウンの松本人志さんでした。

松本さんも予想の中の一人として挙げられていましたが、松本さんは探偵ナイトスクープの大ファンで、東京進出されてからも毎週欠かさず探偵ナイトスクープを見ていると話されていました。以前にもこの番組にご本人自ら依頼を出すほど好きであることを言われていましたから、局長の話がきたときは2つ返事で引き受けたのも頷けます。初代局長の上岡龍太郎さんのトークを間近で見てきた人物として島田紳助さんの名前が松本さんの口から出ていましたが、もし島田紳助さんが芸能界を引退されていなければ局長になっていた可能性はあったかもしれません。島田紳助さんに代わって勝手に命を受けたとのことですが、上岡龍太郎さん、西田敏行さんとはまた違った探偵ナイトスクープが展開されることが期待されることは間違いないでしょう。

松本人志の関連記事はこちら

↓ ↓ ↓

>>松本人志の自宅公開?現在の画像や過去の家賃が衝撃すぎる高級宅!

>>松本人志の嫁画像の伊原凛は元〇〇!?子供や家族の年齢差がやばい!

西田敏行は過去に女性を骨折させている?恐い性癖の噂

西田敏行さんに黒い噂が流れ始めたきっかけは激やせされたことからでした。胆のうを摘出する手術をされたときに激やせされたのですが、その姿からもっと悪い病気にかかっているのではと心配される声が上がりました。

心配の声とともに出てきたのが薬物疑惑です。薬による芸能人の逮捕が続いた時期でしたから西田さんにもその疑惑の声が上がったのですが、その流れでさらにひどいのが黒い噂でした。その内容は大変信じがたいものでした。西田さんが海外で少女と過ごした際に、その子たちの腕や足の骨を折らせてほしいと頼み込むものだったというものです。証拠もないデマではありましたが、うわさが独り歩きになる状況を打開すべく西田さんご本人がドクターXの発表会のあいさつで激やせの理由は薬とは全くもって無縁だと明確に否定されたことでうわさが沈静化されたとのことです。激やせからどんなつながりで骨を折る話につながったかもわかりませんが、とんでもない話ですね。

西田敏行の前の局長の上岡龍太郎の引退理由は?

上岡龍太郎さんが局長を務められていた時期は1988年から2000年までの間です。その時期の上岡龍太郎さんと言えば関西を中心に絶大な人気を誇っていました。1996年に笑福亭鶴瓶さんがパペポTVという番組の中で上岡さんの引退をほのめかす場面があったそうですが、1997年に「ボクの芸は20世紀で終わり。21世紀には新しい人生を歩みたい」と引退を公表され、2000年にその言葉通りに引退されました。その理由は様々あるようですが、その中でも決定的な出来事があるそうです。

上岡さんが引退を決意される前のある日、レギュラー番組で共演をしている若手芸人2名と新幹線の中で偶然に出会ったそうですが、その2人から「これからよろしくお願いします」と挨拶されたので上岡さんも「よろしく」と返事したそうですが、そこから会話が続かなくなったそうです。上岡さんも若手時代に会話が続かなかった大御所芸能人がいたなということを思い出して、上岡さん自身が同じ立ち位置にいることを気づいたことが大きなきっかけになったとのことです。

西田敏行プロフィール

名前:西田 敏行(にしだ としゆき)
出身地:福島県郡山市
生年月日:1947年11月4日
身長:166cm
出身高校:明治大学付属中野高等学校
学歴:明治大学農学部中退
所属事務所:オフィスコバック

西田敏行さんは4歳の時に実父が他界されています。残された実母も再婚相手が現れますが、相手の男性に同じ年の男の子がいることで再婚を悩んでいるときに、実母の姉夫婦にお子さんがいなかったことから、西田さんが5歳の時に姉夫婦の養子として迎えられたそうです。姉夫婦にかわいがられた西田さんは一緒に映画館に行っていたそうで、中でも洋画を中心に鑑賞していたとのことです。映画に影響されていく西田さんは次第に自分も俳優になりたいという気持ちが強くなっていったそうです。西田さんは中学を卒業すると俳優を目指すために一人で上京します。親戚の家にお世話になりながら明治大学付属中野高校に入学され、そこでバレーボール部と演劇部に所属されます。福島県出身の西田さんは方言に悩むことになり今では考えられませんが学校で無口になっていたそうです。そして高校卒業すると明治大学に入学し、同時に日本演技アカデミー夜間部にも入って本格的に俳優への道を歩み始めますが大学は中退され、夜間部から昼間部に移って卒業して俳優デビューされます。その後、青年座の座員となった西田さんは地道に舞台をこなしていき、30歳を過ぎるころになるとようやく西遊記や特捜最前線などのドラマ出演を果たし、西田敏行という名前を認識されるようになっていきました。そして「学校」「釣りバカ日誌」などの映画に出演され、実力派俳優としての地位を築かれました。

西田敏行の降板理由は何?歩けない体調や恐い性壁の噂などについて!まとめ

俳優として活躍されながらも探偵ナイトスクープの局長を19年もの長い年月務められた西田敏行さんを調べていきましたが、何といっても70歳を超える年齢であり、体力的にも卒業されてもおかしくない年齢であるにもかかわらず薬物疑惑や黒い噂などが出回っていることに驚きました。2代目局長として番組の顔として活躍されただけに卒業は寂しい気がしますが、松本人志さんと交代されることでまた一味違った探偵ナイトスクープを期待したいです。

スポンサーリンク

引用:https://the-rankers.com/posts/entartaine-undertalk/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る