ダルビッシュ有の成績は?メジャーでの通算や年俸推移の生涯について

ダルビッシュ有の成績はメジャーではどんなレベルなのか?通算や年俸推移の生涯などについても気になる点ですよね!今回はダルビッシュ有の成績のデータなどを詳しく見ていき、メジャーでの通算や年俸推移から生涯にいくらもらえるかなどを予想して書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

ダルビッシュ有のメジャーでの成績がすごい?

2019年のシーズンも序盤が過ぎ、日本人の各選手の活躍にも注目が集まるメジャーリーグ。
各地区では、スタートダッシュに成功したチームがありますが、そんなチームに共通してみられる特徴が、良いピッチャーがいると言うことですよね。日本の野球とは違って、どんどん速いボールを投げ込んだり、動くボールで打たせて取ったりするメジャーリーグのピッチングスタイルですが、そんな中でも日本人投手たちが毎年活躍を見せてくれています。

中でも、今年が復活の一年となるように気合いを入れて挑んでいるのがダルビッシュ有投手。ダルビッシュ有投手は、カブスの先発ローテーションの一角として先発登板を続けています。
そんなダルビッシュ有投手ですが、大リーグに渡ったばかりの2012年、2013年、2014年は二ケタ勝利を達成して、素晴らしいピッチャーだとして注目を集めていました。
しかし、その後は肘の靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受けて、本来のピッチングからも、二ケタ勝利からも遠ざかっています。
2015年は手術の影響で登板の機会なし、2016年は7勝5敗 防御率:3.45
2017年は6勝9敗 防御率:4.01 2018年は、カブスと超大型契約を結んで挑んだシーズンでしたが、1勝3敗の後に右ひじを故障して戦線離脱。

ということで、メジャーリーグに渡ってから後半は、思うような活躍が出来ておらず、成績も光るものは残せていません。

ダルビッシュ有の成績を他の有名選手と比較!

ダルビッシュ有投手の成績を、他の日本人投手と比較してみます。田中将大投手と比較してみましょう。

田中将大投手は、2014年 13勝5敗 防御率:2.77 2015年 12勝7敗 防御率:3.51
2016年 14勝4敗 防御率:3.07 2017年 13勝12敗 防御率:4.74
2018年 12勝6敗 防御率:3.75 と、安定したピッチングで二ケタ勝利を続けています。

厳しいことを言ってしまうと、ダルビッシュ有投手のように怪我をして長期の離脱をすることがない分、田中将大投手の方が安定感のある良いピッチャーというイメージになってしまいますよね。

田中将大投手ついてはこちらの記事です!

↓ ↓ ↓

>>田中将大の年俸推移のグラフがやばい!子供は何人や大きさや体重は?

しかし、速球の速さや、変化球の多彩さなど、ダルビッシュ有投手も万全の状態であればメジャーの舞台でも田中将大投手に負けない成績を収められるピッチャーですから、2019年は復活のピッチングに期待しましょう!

ダルビッシュ有はメジャーにてピンチに成績を伸ばす?

しかし、ダルビッシュ有投手がほかの投手から大きく秀でている成績があります。それが、ピンチでの強さなのです!

J-SPORTSは、ダルビッシュ有投手のメジャーでの通算成績について、こんなデータを公表しました。

被打率:.218→.177
被OPS→.666→.515
被本塁打→20→5

※OPSとは、出塁率+長打率の値。メジャーリーグでは、打率と同じように重要視される。

ダルビッシュ有投手は、通算でもピンチの時の成績の方がずっと値がよく、ピンチに強いピッチャーだということが言えると思います。通算成績でこれだけ値が変わるピッチャーというのはなかなかいないものですよね。メジャーリーグでもこのような成績ですから、かなりピンチに強いと言っていいと思います。

ダルビッシュ有の嫁や子供の記事についてはこちら

↓ ↓ ↓

>>ダルビッシュ有の嫁山本聖子との子供や結婚式の前の離婚エピソード?

ダルビッシュ有の投球の成績はメジャーの中ではどのレベル?

前述したとおり、メジャーリーグのピッチングというのは日本とは少し違い、先発は100球前後で絶対に交代。5回を投げ切っていない場合でも、ピンチを作って球数が90球ほどになれば容赦なく交代。など、投球が体に与えるダメージの方を重く受け止めて、確実な球数による継投、ローテーションがなされることが特徴です。

そのため、メジャーリーグのピッチャーはどんどん三振を奪う派手なピッチングよりも、直球と動くボール、チェンジアップなどを巧みに使った、打たせて取るピッチングの方が重要視されます。そのため、イニングにどれだけの投球数を投げたかという数値であるIP/Pも重要視され、それが良いピッチャーかどうかのひとつの指針にもされます。
P/IPの数値が上位のピッチャーともなれば、13球前半の値が出され、イニングを13球ほどで抑えてしまうと言うことになります。

しかし、トミー・ジョン手術をしてから、思うような感覚で投球が出来ていないダルビッシュ有投手は、18.95という値を出してしまっており、これはメジャーリーグのピッチャーの中でも高い数値になってしまっており、イニングを抑えるのに20球弱の球数を必要としてしまっています。
これでは5回まで投げられればいい出来だというような値であるため、かなり厳しい状態であることがお分かりいただけると思います。

スポンサーリンク

ダルビッシュ有の現在のデータから年俸推移の生涯を予想!

ダルビッシュ有投手は、現在でこそけがの影響もあり、厳しいピッチングが続いていますが、高校卒業から注目されて入団して、メジャーリーグでも大型契約を結ぶなど、生涯を通しては、かなりの年俸を稼ぎ続けることが考えられます。

ここからは、年代別の年俸をご紹介していきます。
2005年(19歳) 年俸:1500万円 所属球団:日本ハム
2006年(20歳) 年俸:3000万円 所属球団:日本ハム
2007年(21歳) 年俸:7200万円 所属球団:日本ハム
2008年(22歳) 年俸:2億円 所属球団:日本ハム
2009年(23歳) 年俸:2億7000万 所属球団:日本ハム
2010年(24歳) 年俸:3億3000万円 所属球団:日本ハム
2011年(25歳)  年俸:5億円 所属球団:日本ハム
2012年(26歳) 年俸:5億5000万円 所属球団:レンジャーズ
2013年(27歳) 年俸:9億5000万円 所属球団:レンジャーズ
2014年(28歳) 年俸:10億円 所属球団:レンジャーズ
2015年(29歳) 年俸:10億円 所属球団:レンジャーズ
2016年(30歳) 年俸:10億円 所属球団:レンジャーズ
2017年(31歳) 年俸:11億円 所属球団:レンジャーズ

そして、2018年にはシカゴ・カブスと、6年139億円という超大型契約を締結しています。
6年で139億円と言うことは、1年23億円程という年俸にあたる金額ですから、どれだけ期待され、注目されているかということがわかると思います。

プロ入りから2019年現在までで、単純計算で130億円弱という年俸を稼いでいますから、生涯での金額となれば、これに100億円程が加算になり、230億円から250億円とも予想されます。とんでもない金額を生涯で稼ぐことになりますが、メジャーリーグでの契約が10年間に至った場合、1000万円を超えるとも言われるメジャーリーグからの年金を受け取ることも出来ますので、そうなった場合300億円近い金額を生涯で稼ぐことになるかもしれませんね。ダルビッシュ有投手の注目度や期待感がお分かりいただけるかと思います。

ダルビッシュ有成績などについいて海外の反応は?

そんなダルビッシュ有投手ですが、一気に現地でもファンを増やすに至った出来事がありました。
それは、ワールドシリーズでの出来事でした。ダルビッシュ有投手から見事なバッティングをしてみせたグリエル選手が、ベンチに戻った後に両目を吊り上げるような格好を見せて、アジア人を差別するような姿を見せたのでした。

しかし、ダルビッシュ有投手はこれに対して、
「もちろん彼がしたことは正しい行為ではなかった。でも、怒りに身を任せるのではなく、このような出来事から学ばなければいけない。僕たちは素晴らしい星に生きているのだから」
といった対応を見せたのでした。

このダルビッシュ有投手の大人な対応に対して、海外のファンたちからも、
「ダルビッシュ有が大好きになったよ」
「このような対応を出来るなんて、なんてナイスガイなんだ」
「彼の言う通り、怒るだけではなく学ばなければいけないね。二度とこのような差別が起こらないように」
などと、ダルビッシュ有投手を絶賛する声が多数寄せられたのでした。

ダルビッシュ有のプロフィール

ダルビッシュ有投手のプロフィールをご紹介してきます。

名前:ダルビッシュ有(ゆう)
生年月日:1986年8月16日(32歳)
身長:196cm
体重:99.8kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー
スタイル:160キロ近い速球に加えて、大きく曲がるカーブや、高速スライダーなど、全てにおいてクオリティの高い選手。しかし、トミージョン手術以降、コントロールのバランスを崩しており、2019年シーズンには復活の投球が期待されている。

関連記事

>>ダルビッシュ有の嫁山本聖子との子供や結婚式の前の離婚エピソード?

ダルビッシュ有の成績は?メジャーでの通算や年俸推移の生涯について!まとめ

今回は、ダルビッシュ有投手について書いてきました。
ダルビッシュ有投手のメジャーでの通算成績や生涯で獲得しそうな金額、今現在の年俸や2019年の期待や実際の投球数値など、詳しく書いてきました。しかし、超大型契約が結ばれ、復活が期待されるピッチャーであることは間違いありません。
これからも皆さんでダルビッシュ有投手を応援しましょう!

スポンサーリンク

引用:https://otonmedia.jp/post-12112/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る