坂本勇人の成績の通算が凄い!年棒推移2019や安打数ペースが異常

坂本勇人の成績の通算が凄いことになると同時に年棒推移の2019や安打数ペースの異常さがネットで話題を呼ぶことに!今回は坂本勇人の成績の通算の凄いポイントや過去の年棒推移について、2019年の活躍を安打数のペースの異常具合から予想して書いていこうと思います!

スポンサーリンク

坂本勇人の成績の通算が凄い?2019年も期待大か!

読売ジャイアンツの不動のショートストップとして活躍し、侍JAPANに選出されるなど、国際舞台での活躍も経験している坂本勇人選手。日本のショートの代表格として、その名前が挙がることも多い選手ですよね。
そんな坂本勇人選手ですが、2019年シーズンも早速本領を発揮して、大活躍をしてくれているようです。
2019年シーズンでは、原監督体制に戻ったジャイアンツの中で、新加入の丸選手が3番バッターを務める関係で、2番に入ることも多い坂本勇人選手。当然、成績の面から見ればクリーンナップを任せることが出来る選手ですが、最近の野球では、チームの最高バッターを2番に据えることも多く、安定した成績を収め続ける坂本勇人選手に白羽の矢が立ったのです。
2番バッターに入ると言うことは、それだけ打順の巡りが早くなり、より多くの回数バッターボックスに立つことが出来ますよね。その効果もあってか、2019年の坂本勇人選手は、5月上旬にして、ホームラン12本、安打数44本、打点25、打率:344.と、リーグトップクラスの成績を出してくれています。単純に計算しても、あと3倍以上の試合数が残っていますから、ホームラン30本、ヒット数150本、3割といった成績は間違いないものと思われます。

坂本勇人の凄さ!強みは守備かそれとも打撃か?

そもそも、毎年当たり前のように素晴らしい結果を残し続け、オールスターや侍JAPANでの活躍など、球界を代表するショートストップとしてご活躍されていますが、坂本勇人選手の凄い部分とはなんなのでしょうか。

まずは、毎年コンスタントにリーグトップクラスの成績を出し続けている打撃面から見ていきます。
若手の頃は、プロの球に順応する時間を必要としましたが、最近では打率3割、安打数150本以上、ホームランも15本ぐらいは安定して放つなど、打撃の全てにおいて凄い成績を収められるのが坂本勇人選手の怖さです。

また、打撃だけではなく守備面でも素晴らしい活躍を見せてくれている坂本勇人選手。プロ入り後すぐのころは、守備でのミスも目立ち、まだまだショートで起用するには頼りないという印象だった坂本勇人選手ですが、その後はどんどん安定感が増して、2016年にはゴールデングラブ賞を受賞するほどの活躍をするまでに成長しています。
また、もともとピッチャーだったという坂本勇人選手には、肩という武器があり、三遊間の深いところで掴んだゴロをノーステップ送球でファーストに送り、アウトをもぎ取る様子も良く目にしますよね。あのようなプレーは投手を助け、チームに勢いを与えると思います。

坂本勇人の経歴が伝説だらけ?最強の運の持ち主

坂本勇人選手といえば、その経歴がすごいとして注目を集める選手でもあります。
そもそも坂本選手が野球を始めたのは、兵庫県の伊丹市に住んでいた小学校時代でした。小学校1年にして、地元のクラブチームに入団し、野球を始めます。なんと、その時にバッテリーを組むことになる相手というのが、現ニューヨークヤンキースの田中将大選手だったのです。スター選手同士はお互いを引きつけ合うのでしょうか…すごい偶然ですよね。

また、坂本勇人選手はその後、中学校の野球部ではなく、宝塚ボーイズというシニアリーグのクラブチームに入ります。その活躍を見た高校からは声が掛けられて、高校は青森の光星学院に進学。1年生の頃からレギュラーの座を掴むと、甲子園に出場したこともあり、読売ジャイアンツのスカウトの目に留まって、見事プロ入りと言うことになったのです。

しかし、小学校の頃から田中将大選手のような選手と高いレベルでプレーしていたりと、スターは凄い経歴に運も持ち合わせているような感じがしますね。

坂本勇人の年俸推移2019がやばすぎてネットが反応!

坂本勇人選手は、2019年シーズンには推定5億円という年俸をもらっている一流プレーヤーです。この高額年俸に対してネット上でも色々な反応がされています。
「坂本ついに5億かー」
「菅野と坂本はジャイアンツの顔だからな」
「ショートを守ってあんなに成績を収められる選手いないから、もっと貰っても良いぐらい」
など、ショートで5億円というスーパースターのような年俸を稼ぐ坂本勇人選手には、ファンも興味津々のようです!

もちろん5億円という年俸が凄い金額で、スター選手として評価されているというのはわかりますが、坂本勇人選手の凄いところは、5年目以降、1億円を割ったことがないというところなのです。つまり、22、23歳ぐらいから億プレーヤーで、30代に入ってついに5億円という夢のような金額に辿り着いたのです。

スポンサーリンク

坂本勇人の安打数ペースが異常すぎて日本記録更新するかも?

また、坂本勇人選手の凄いところは、通算の安打数にも表れています。プロに入って2年目から、ほとんどの試合でショートのポジションを守り続けてきた坂本選手は、出場試合や、打席に立つ回数もそれだけ多くなります。

2019年5月の時点で1750本ほどのヒット数を積み重ねており、通算で2000本安打に到達するまで、あと2シーズンほどだと思われます。これは年齢にして、32歳での2000本安打達成ですので、圧倒的なペースでヒットを量産していることがわかりますよね。ぜひ、このままのペースでヒットを積み重ねていけば、通算の安打数で3000本を狙うことも可能なだけのペースでもあり、坂本勇人選手の名前が通算の安打数や、最速で記録を作った選手のような形で、後世に語り継がれることも考えられます。

坂本勇人の過去の活躍から2019年の活躍予想

坂本勇人選手の過去の打撃成績を書いてみたいと思います。

2007年 安打数:1 打率:.333 本塁打:0 出場:4試合
2008年 安打数:134 打率:.257 本塁打:8 出場:144試合
2009年 安打数:178 打率:.306 本塁打:18 出場:141試合
2010年 安打数:171 打率:.281 本塁打:31 出場:144試合
2011年 安打数:149 打率:.262 本塁打:16 出場:144試合
2012年 安打数:173 打率:.311 本塁打:14 出場:144試合
2013年 安打数:147 打率:.265 本塁打:12 出場:144試合
2014年 安打数:152 打率:.279 本塁打:16 出場:144試合
2015年 安打数:129 打率:.269 本塁打:12 出場:130試合
2016年 安打数:168 打率:.344 本塁打:23 出場:137試合
2017年 安打数:157 打率:.291 本塁打:15 出場:142試合
2018年 安打数:152 打率:.345 本塁打:18 出場:109試合

ヒット数は平均して150本程度、打率は意外にも3割に届かないシーズンも多いのですね。
ホームランも15本程度、出場試合はまだまだ多く、チームの中心選手であることが窺えます。
今後も、数多くのヒット数、ホームラン数、出場試合数を保って、調子が良いシーズンには首位打者争いをしてくれるのではないでしょうか。通算の安打数が2000本目前ですので、そのままの勢いで3000本に到達してくれることに期待しましょう!

坂本勇人のプロフィール

坂本勇人選手のプロフィールをご紹介していきます。

名前:坂本 勇人(さかもと はやと)
生年月日:1988年12月14日(30歳)
身長:188センチ
体重:83キロ
投打:右投げ右打ち
ドラフト:2006年高卒ドラフト1位
プレースタイル:抜群の安定感を誇る打撃で、最強ジャイアンツ打線の1番、3番を務めて
きた。ヒット数、ホームラン数共に、安定した数字を毎年残すことが出来る。来シーズン辺りには2000安打を達成することが予想され、その後3000本安打を狙うことが出来る選手だとして、期待と注目が寄せられている。

坂本勇人の成績の通算が凄い!年棒推移2019や安打数ペースが異常?まとめ

今回は、読売ジャイアンツのショートストップとして不動の出場を続ける坂本勇人選手について書いてきました。
坂本選手の安打数やペースによっては、通算3000本安打の達成が夢ではない素晴らしい選手です。
これからも皆さんで坂本勇人選手を応援しましょう!

スポンサーリンク

引用:http://baseball-pride-s.com/sakamoto-hayato/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る