イチローと父は絶縁?確執の発端や職業について一家の事実とは一体

イチローの引退が世間を騒がせていますが、同時に父とは絶縁関係だったこと確執があったことなどが再認知されました。職業や一家の過去についても興味深いです!今回はイチローと父の絶縁関係の噂や確執の原因、職業などについて調べて書いてみました!一家の事実とは一体?

スポンサーリンク

イチローと父は絶縁?過去の二人について

大記録をいくつも作り上げてきたイチロー選手ですが、何よりも大事だとご本人が語るのが「準備の大切さ」ですよね。野球の準備といえば、ストレッチやキャッチボール、そして基本的な動作の確認など、数多くのことが挙げられます。

そんなイチロー選手の練習を支えたのは、実の父親なのでした。イチロー選手の父親である宜之さんはイチロー選手が野球を始めて、野球に打ち込むと決めてから、熱心にイチロー選手を指導したり、バッティングセンターに連れて行ったりしていたのは有名な話です。
練習が日曜日にしか行われない所属チームに変わって、平日は会社を出来るだけ早く切り上げてまでイチロー少年の練習に付き合っていたと言います。毎日毎日日が暮れるまで、2人は一緒に特訓したのでした。

イチローの父の職業はある会社の社長?

しかし、会社を早めに切り上げてまでイチロー選手の練習に付き合っていたという父親の宜之さんですが、一般的な仕事に就いていてはなかなか出来ることではありませんよね。
イチロー選手の父親の職業とはズバリ何なのでしょうか。

調べてみると、イチロー選手の父親は、愛知県で機械の部品を作るメーカーの社長をされていたようで、一般的な会社員に比べて時間や勤務態度に多少の融通が利いたのではないかと考えられます。
父親の宜之さんの職業が機械部品メーカーの社長だったとはいえ、息子の練習に毎日付き合うというのは大変な苦労だったのではないでしょうか。

イチローと父が絶縁したのは妻の弓子が原因?

イチロー選手が幼少時代に野球を始めてから、熱心に練習に付き合い、二人三脚で歩んできたイチロー選手と父親の宜之さん。そのおかげもあってか、イチロー選手は数々の大記録を作り、誰もが憧れるスーパースターへと駆け上がりました。

しかし、そんなイチロー選手と父親の関係は、現在は絶縁状態にあるのではないかと噂されています。しかもそんな関係になってしまった理由には、イチロー選手の妻である弓子夫人が関係しているという噂もあるようです。この絶縁を巡る噂はいったい本当のことなのでしょうか。イチロー選手の父親との確執について検索してみました。

イチロー選手と妻である弓子夫人は、1999年に結婚しています。メディアには気難しい顔をして対応することも多く、不用意な発言に顔をしかめるようなシーンを目にすることも多いイチロー選手ですが、弓子夫人とは、話すスピード、価値観などの相性が良く、同じ空間にいても心地良いと感じる相手だったのだとか。そんな、イチロー選手にとっては珍しく気を許してお付き合いできる相手である弓子さんですが、イチロー選手の父親である宜之さんは、結婚を快く思っていなかったようなのです。
と、いうのも、弓子夫人は年齢的にイチロー選手の7歳年上であり、イチロー選手には2,3個年上の女性が良いと考えていた宜之さんは、この年齢差が気がかりだったのだとか。
これは単なる噂ではなく、実際にイチロー選手の父親である宜之さんがテレビでそのような内容のことを発言してしまったこともあったようです。

更に、イチロー選手の父親として、イチロー選手には地元である愛知県に本拠地を構える中日に移籍してきてもらって、家族みんなで暮らそうと考えていた宜之さん。愛知県の豊山町に大きな豪邸を建てて、弓子さんを迎え入れたと言います。
しかし、そんな弓子夫人を待っていたのが父親である宜之さんとの噛み合わない日々でした。というのも、宜之さんは買い物に出かける弓子さんには絶対に領収書をもらってくるように指示したり、早く孫の顔が見たいなどという言葉を伝えたりしていたようです。イチロー選手は単身赴任のような形で神戸にいましたから、宜之さんとの不和に耐えられなくなった弓子夫人は、豊山町の豪邸には長い期間住むという決断はせず、イチロー選手を頼って神戸へと向かったと言います。

スポンサーリンク

イチローの父はメジャーへの移籍を知らなかった?

神戸に本拠地を置くオリックスでプレーしていたイチロー選手ですが、2000年のオフにメジャーリーグへの挑戦を発表しました。そして、イチロー選手はシアトル・マリナーズで数多くの記録を作り、世界的なスター選手になっていくことになります。
しかし、このイチロー選手のメジャーリーグ挑戦を、父親である宜之さんは発表当日の朝まで知らなかったというのです。

野球ファンからすれば、日本を代表するバッターであるイチロー選手がメジャーリーグの舞台でどれほど通用するのか見てみたいと思うのは自然な感情ですが、既にご紹介している通り、イチロー選手には中日に移籍してきてもらって、鈴木家で仲良く暮らしたいと考えていた父親の宜之さん。そんな父親の立場から、イチロー選手のメジャーリーグ挑戦にも反対したと言うことが噂されています。

しかし、弓子夫人と一緒に、父親である宜之さんからは距離を置くようになっていたイチロー選手は、結局メジャーリーグへの移籍を決断します。そして、反対されることを煙たがったのか、既に絶縁に近い状態だったのか、イチロー選手のメジャーリーグ移籍について、父親である宜之さんには会見の当日の朝まで伝えられていなかったようです。

イチロー夫婦と父の関係は修復しない?

イチロー選手は世界的なスター選手として、200億円とも言われる資産を築き上げました。弓子夫人は、そんなイチロー選手の資金力を後ろ盾にして、不動産ビジネスに取り組んだり、美容関係の事業を起こしたり、その敏腕ぶりを発揮しています。
しかし、イチロー選手の父親である宜之さんは、このような弓子さんの活動をあまりよく思っていないようなのです。

そんなイチロー選手と弓子夫人、そして父親である宜之さんとの溝は深まるばかりですが、宜之さんはメディア嫌いなイチローさんの気持ちを汲み取らず、イチロー選手の名前をっどんどん使って講演会に出たり、イチローさんが幼少期から食べていたカレーをプロデュースして発売したりして、表舞台に出てくる機会も多いようです。

このように、価値観が決定的に食い違ってしまっているといった感じで、イチロー夫婦と宜之さんの間には、埋まらない溝があるのではないかと考えられます。

妻の実家に帰っても実の父がいる実家には帰らないイチロー
イチロー選手の妻である弓子夫人は、島根県のご出身で、今でもイチロー夫婦はたまに足を運んでいるようです。松江市のグラウンドに姿を見せて汗を流すイチロー選手の姿を見せてくれるなど、イチロー選手のファンにとっては、松江市はイチローとの接点を感じることが出来る穴場なのだとか。

そんなイチロー選手ですが、実の父親がいる愛知県の豊山町には姿を見せないようなのです。イチローと昔なじみの寿司店の店主は、イチローが今でも顔を見せたり、墓参りの後に寄ってくれたりすることはあるものの、いつも1人か弓子夫人と2人での来訪だと明かしたと言います。

このような話を聞くと、イチロー選手と父親の関係はかなり複雑にこじれてしまっているようですね…

イチローの父は引退に対してこう語る

2019年にメジャーリーグの開幕戦を日本で戦い、その後に現役引退を発表したイチロー選手。
そんなイチロー選手に対して、父親である宜之さんはコメントを出しています。
「少年時代からメジャーリーガーとしてプレーするまで、よく頑張ってきた。支えてくださった方にお礼を申し上げたい。今後は、今まで培ったものを活かして、子どもたちの指導に当たって欲しい」
というコメントを出しているようです。

こんなコメントをするようですので、イチロー選手との関係は絶縁といったほど深い溝ではないのかもしれませんね。

まとめ
今回は、イチロー選手を巡っての、父親との関係の噂について詳しく調べてきました。
メディア嫌いで、神経質なイチロー選手と、田舎のおじちゃん気質で、イチローの名を使ってカレーを売ったりもする父親が不仲だというのは、なんだか想像できる話ですよね。

イチロー選手の父親との確執と検索すると、たしかに絶縁を匂わせる記事がいくつも出てきますが、イチロー選手の引退会見の様子や、引退に際して父親である宜之さんがコメントを出していることを考えれば、絶縁状態というほど酷いものではないかもしれませんね。
いずれにしても、日本を代表する野球選手で、先日現役を引退したイチロー選手の今後から目が離せません。

スポンサーリンク

引用:https://masyu-maro.com/?p=5587

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

トップへ戻る